【プロレス】新日本プロレスG1 CLIMAXに外国人選手勢も参戦!

コロナウイルスの影響でアメリカやイギリスにいる外国人レスラーが久々に来日することが決まりました!そして新日本プロレスの真夏の祭典G1 CLIMAX 30に参戦します!

G1 CLIMAXって何?…

日本における最大のプロレス団体:新日本プロレスのヘビー級選手(基本的には100kg以上)による真夏のシングル(1対1)によるリーグ戦になります。

1991年から開始され、G1=グレードワンのもとに一線級のトップレスラーを集めて開催されるリーグ戦になっています。(一時期トーナメント方式もありました)

過去の優勝者は…

はじめの15年は闘魂三銃士(武藤、蝶野、橋本)や第3世代(永田、天山、中西など)が活躍してますね。今でもトップレスラーの棚橋選手が第14回大会(2004)で準優勝しているのもすごいですね。

直近では棚橋、オカダ・カズチカ、内藤、飯伏など現在のトップレスラーが多く名を連ねてますね。

振り返ると外国人レスラーで優勝者は第26回(2016)のケニー・オメガだけです。いかにハードルが高いか分かりますね。

ちなみに準優勝は直近のジェイ・ホワイト含めて4人です。

今年は東京オリンピックの影響で変則の秋開催!…

本来、真夏のリーグ戦という事もあり、7月から8月で開催してましたが、今年は東京オリンピックで大きな会場を抑えられない、警備や音響含めて東京オリンピックに整備するのが厳しいという判断で

秋開催:9月19日~10が18日という事が決定していました。これがなんと、結果的にコロナウイルスの影響で来日できなかった外国インレスラーが来日できる日程になりました。

8月31日以前に再入国許可をもって出国した在留資格保持者で所定の手続を経た者に対して9月1日以降に再入国を認めたとの事で

仮に入国後2週間の隔離をしたとしても9月19日のG1開幕に間に合うことになり、出場が決定しました。本当に良かった!

在留資格を有する外国人の再入国について

https://www.mofa.go.jp/mofaj/page1_000864.html

出場選手は…

上記の20名に決定しました。それぞれ10名ずつが2ブロックに分かれてが総当たりのリーグ戦を行います

今回の再入国可能処置で入国できるようになったのは5名、いかに選手層が厚い新日本プロレスでもG1に出場できるレベルの選手を集めるのは大変です。

再入国される選手は日本で久しぶりに試合をすることになり、ファンにとっても新鮮な目で見ることが出来るのではないでしょうか。

過去の優勝回数のレコードは…

青字が現在も新日本プロレス所属

上表が歴代優勝者と回数です。大みそかに方正をビンタする人というイメージのある蝶野正洋ですが、G1最多優勝者であることから夏男として偉大なレスラーでした。あとは大半が1回だけ、つまり色んなレスラーに初優勝のチャンスがあるのではないでしょうか!

今年は新たに優勝者となる選手は現れるのでしょうか。

次回から対戦カードも決まりましたので、レビューしてみたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です