【プロレス】新日本プロレス_G1 CLIMAX 30対戦カード決定!見どころBブロックB前半戦

新日本プロレス真夏の祭典と言われるG1 CLIMAXが開催されます。今年で30回目、例年とは違う状況の中で開催されますが、懸念されていた外国在住レスラーの参戦も決定して見どころいっぱいですので紹介してみましょう!今回はBブロック前半戦!

参戦するレスラーは…

参戦するレスラーはこちら・・・

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: G1出場選手-1.jpg

最近、新日本プロレスがメディア戦略に力を入れているので棚橋、オカダといったテレビでも見たことがあるレスラーもいるのかなと思います。テレビに出ているレスラーだけでなく、テレビに出れない悪いこと(反則)をするレスラーもいますが、今年も濃い個性のメンバーが集まりました!

Bブロック_前半の見どころは…

まずは…

Aブロック同様にこちらも過去優勝経験者同士の棚橋弘至vs内藤哲也に注目です。棚橋と内藤はかつてIWGPインターコンチネンタルベルトをめぐってシングルマッチ(1対1)で戦うことがありましたが、近年はあまり戦うことがありませんでした。今回は明確にチャレンジャー棚橋という立場にありますのでそんな中でどのように試合が展開されるのか注目です。

あとは矢野通vsSANADAでしょうか。この対決は昨年も大阪だったのではないでしょうか。おそらくいかに場外で相手を落としいれてリングアウト瞬殺にするのか!?この華麗なる?攻防が繰り広げられるのではないでしょうか。

続いて…

YOSHI-HASHIvsEVILではないでしょうか。YOSHI-HASHIは先日行われたNEW JAPAN CUPでEVILに徹底的に足を攻められてギブアップしました。屈辱的なギブアップ負けの雪辱が出来るのか!?YOSHI-HASHI選手は最近初めてのタイトル(NEVER6人タッグ王座)を獲得しており、ノってますのでリベンジしたいところ。

続いて…

こちらはセミの矢野通vsEVILです。EVILがこのブロックの中心の一人と思いますが、このブロックで思わぬ番狂わせを起こすのは矢野通と思いますので、何かやってくれそうです。EVILの相棒(ディック東郷)が持っている凶器を逆に利用するとか…

ザック・セイバーJr.vsKENTAも注目です。肩に古傷を抱えるKENTAを関節技で徹底的にザックが狙っていくでしょう。KENTAの肩が悲鳴を上げるのが先か、ザックに蹴りを入れて沈めるのが先か、そういった戦いになりそうです。

続いて…

こちらは内藤哲也vsSANADAでしょう。同じユニット同士の対決、SANADAの地元新潟であることからチャンピオン=内藤を負かすんじゃないかと期待が持てます!

あとはKENTAvsEVILですね!コロナウイルスの影響でジェイやKENTAがいない間にEVILがユニット(BULLET CLUB)のリーダーのような振る舞いをしました。もちろんこれまではジェイやKENTAとユニット内で絡むことが無かったのでどういった関係性になるか?ここは注目と思います。おそらく今回のG1シリーズだけでなく、今後のユニット内のバランスにも関わってくるのではないでしょうか。

続いて…

こちらはSANADAvsザック・セイバーJr.じゃないでしょうか!両社ともテクニシャンで関節技が豊富、去年のアメリカでのG1開幕戦はSANADAのオコーナーブリッジで勝利しました。終わるまでの攻防も工夫が凝らされていて見ていて飽きない、この大会でベストマッチだったと思います。バチバチの打撃戦もいいですが、テクニック主体の攻防も見ていて楽しいものです!

今回はBブロック前半をレビューしてみました、次回はBブロック後半をレビューしてみたいと思います!

Follow me!