【サッカー】G大阪・遠藤保仁がジュビロ磐田へ移籍、またガンバ大阪に戻る日まで!

20年もの在籍期間からG大阪の象徴ともいえる遠藤保仁がジュビロ磐田へ移籍しました。今後、ガンバ大阪に戻りたい気持ちは強いとの事でまた戻ってくれることを信じて待ってます!

ガンバ大阪でのこれまで…

鹿児島実業高校を卒業して3年は横浜フリューゲルス京都パープルサンガを渡り歩いて2001年よりガンバ大阪に移籍しました。

2001年からなんと20年に渡って在籍してガンバ大阪で活躍し続けます。

ポジションは主に攻撃的ミッドフィルダーもしくはセントラルミッドフィルダーで比較的短い距離のパスで試合を組み立てることでガンバ大阪の攻撃サッカーを支えました。一度J2に落ちた時にも残留してくれて、1年で昇格に貢献、翌年の国内3冠(リーグ、カップ、天皇杯)にチームを導きます!

2014年には年間最優秀選手!なんとベストイレブンでは歴代最多の12回獲得しています!1回選ばれるだけでもすごいのですが、12回…とは途方もない回数、長い期間にわたって活躍してきた証しと言えます!

長いと言えば…

通算で1000試合以上出場…

日本代表での出場試合数が歴代最多の152試合は有名ですが、クラブ通算と合わせるとなんと1000試合を超える公式戦に出場しています!!

代表、クラブ通算で1014試合、150得点

1000試合て…遠藤自身は自分の強みはブレインと言っていますので、クレバーな遠藤らしく力の出しどころや体のケアに頭を使った賜物でしょう。しかもPKを蹴る機会が多かったものの、得点数が通算で150点もすごい!ミッドフィルダーながら年間で10点以上のシーズンが6シーズンもあります!

しかも、ジュビロ磐田へ移籍することで記録はさらに伸びることでしょう!さすがに元イングランド代表のピーター・シルトンの通算1390試合には及ばないと思いますが、近づけるように末永く活躍してほしいものです!

マイペースな逸話…

非常にマイペースな性格で知られていて試合が終わった後に車で帰る際に非常にノロノロ運転をすることから、

スタジアム周辺でヤット渋滞という現象が発生するらしい笑。チームメイトが渋滞が出来ていると思ったら先頭の車が遠藤だったという逸話が残るくらいマイペースとの事。

なんかマイペースにひょうひょうとしている人間性が周りから愛されていることが伝わってきますね🚙

ちなみにマイペースだからという訳ではありませんが、遠藤と言えばコロコロPK

実は普通に練習の時に思い付いたそうでぎりぎりまでゴールキーパーを見て体重がかかった足の側に転がすことで入ることに気づいたようです。クレバーかつ、マイペース?に常識には捉われない方法で一躍話題になりました!(世界的にも)

確かに自分でやってみれば分かりますが、体重をかけた足の方向に鋭く飛び込むことは難しくなります!

ちなみに近年はコロコロPKは使っておらずキーパーの届かないサイドネットに速い球を蹴りこむことに変えたとの事!ある意味当たり前ですが、技術が無いとできない訳でこれもヤットらしいと言えば、ヤットらしいですね。

またガンバ大阪に戻ってきてほしい…

というより今回は期限付きのジュビロ磐田へ移籍となっており、基本的にはシーズン終了後にガンバ大阪に戻ることになります。

ただし、そのままチームに残り続けるかと言えば、よほどジュビロ磐田で活躍しない限りは難しい可能性が高いです。さらに出場機会を求めるという意味ではシーズン終了後に遠藤と宮本監督とクラブで話し合いが行われて決まると思いますが、さすがにJ1の上位の狙うチームのプレー強度にはフル出場での対応は難しい…

ただし、この部分は出場機会をどの程度で想定するかによって遠藤が受け入れられる範囲であれば、逆にガンバ大阪にすんなり復帰するという可能性もあります!

どちらにしてもクラブの象徴である遠藤にはガンバ大阪で将来的には指導者としても活躍してほしいですし、最後にプレーするスタジアムは万博であってほしいという願望も込めて是非、来シーズンはガンバ大阪で

クラブ側からも戻ってきてほしいとありますので是非!

Follow me!

【サッカー】G大阪・遠藤保仁がジュビロ磐田へ移籍、またガンバ大阪に戻る日まで!” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です