【サッカー】J1リーグ最年長得点記録ランキング、誰が1位?更新できる可能性はあるのか?

先日、森本貴幸の移籍記事とともにJ1リーグ最年少得点ランキングも書きましたが、今回は最年長得点ランキング!誰が一位で、今後更新される可能性はあるのでしょうか?

J1リーグ最年長得点記録ランキングは…

早速こんな感じ

1位は「サッカーの神様」ことジーコでした!

Jリーグ創設前の社会人2部リーグ住友金属にまさかの神様降臨!からの鹿島アントラーズ創設期に勝利のスピリットを植え付けたジーコが1位でした!さすが神様!

鹿島アントラーズ公式Youtubeにコロナウイルス感染下でもメッセージがあり、ゴール集も添えられていましたが、今見てもフリーキックのたたずまいがカッコいいですね!

2位には生きる伝説、キングカズこと三浦知良です。53歳です。現役です。

3位はゴン中山こと中山雅史です。こちらも53歳です。現役です。

4位にボンバーこと中澤佑二、現役選手では6位中村憲剛、8位中村俊輔のW中村、10位に先日ジュビロ磐田にレンタル移籍したヤットこと遠藤保仁とまさにそうそうたる面々です!

当たり前と言うべきか、長い年齢まで活躍できる選手=継続的に能力が高い選手という意味で以前に特集した最年少得点ランキングとはかなり様子が違うことが分かります。

長く活躍している選手が特別な選手であることが良く分かるランキングとなりました!

ところでこの記録を超えることはできるのか

記録更新の可能性はあるのか…

もう一度ランキングに戻りますが…

何と現役選手が5人!!しかも3人は現在もJ1クラブに所属しています!単純にすごい…

J1所属選手では…

2位の三浦知良は出場機会が少なく、第22節時点で第18節に35分程度出場したのみでおそらく今シーズンも出れても1,2試合程度で試合の展開次第でPKを蹴れるチャンスがあればと言ったところでしょうか。本人が蹴るつもりがあるかも問題ですが

もちろん得点を決めれば、ジーコノ41歳3か月をぶっちぎりで更新することになりますので期待も込めて更新してほしい!

6位の中村憲剛ですが、長くケガで戦列を離れていたものの、第13節には得点を決めて6位にランクインしました!現時点で一番得点する可能性が高く、記録を伸ばしそう。ただ、年齢がまだ39歳でジーコの記録更新となるとあと1年半ほど頑張る必要があり、その時点までコンディションを保てるか?がカギになりそうです。

8位の中村俊輔ですが、それぞれ短い時間ながらも第22節時点で9試合出場しており、武器である直接FKがあるため、ゴール前で蹴れるチャンスがあれば、記録更新も期待できそう!現在、J1に所属する選手の中では一番可能性がありそうです!

あと10位にランクインしている遠藤保仁は先日ジュビロ磐田へ移籍したためにJ2所属となっていますが、コンスタントに出場機会を得ています!来シーズン以降に所属元のガンバ大阪に戻るのかが記録更新には影響しそうです!

という訳で記録更新の権利を持った3人が現役選手でいることから、今シーズンの記録更新の期待は「大」

若手選手に注目が集まりやすいですが、ベテラン勢の活躍にも「大」注目!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です