【サッカー】現役フリーキック得点ランキング!1位は?意外なランクイン選手は?

サッカーにおいてセットプレーからの得点は30%と言われていて、その中でも直接フリーキックは試合の流れを変える貴重な一撃になります。ところで現役のフリーキック得点王は誰になるのでしょうか?

現役フリーキック得点ランキングは…

2位はサッカー界の生ける伝説クリスティアーノ・ロナウドリオネル・メッシがランクイン!3位以下にダブルスコアで引き離しており、さすがレジェンドです!

3位にはピャニッチチャルハノールが26得点で並んでおり、5位にはなんとデフェンダーのコラロフがランクイン!

5位:アレクサンドル・コラロフ_22得点…

アレクサンドル・コラロフはセルビア出身の左サイドバックです。

セリエAのラツィオからマンチェスター・シティに移籍して8シーズンで2度のリーグ制覇などに貢献します。コラロフと言えば、シティの水色のユニフォームのイメージがありますね!

そこから古巣ラツィオのライバルのASローマに移籍することなり、今シーズンよりインテルミラノに移籍しており、イタリアのビッククラブを渡り歩いています。

34歳にしてビッククラブから必要とされるとはなかなか衰え知らずでまだ活躍できそうです!

3位:ハカン・チャルハノール、ミラレム・ピャニッチ_26得点…

ハカン・チャルハノールはトルコ出身のトップ下ウイングの選手です。

他のトルコ代表選手と同様にドイツ国籍も所有しており、ハンブルガーSVレヴァークーゼンでフリーキックの名手として注目されます。

そこからACミランに移籍してそれまでの本田圭佑の背番号10を引き継いで攻撃陣をリードしています。

最近契約延長を渋ったとのニュースがあり、もしかすると噂にあるトットナムへの移籍などプレミア方面へ活躍の場を求めるかもしれません!

ミラレム・ピャニッチはボスニア・ヘルツェゴビナ出身のトップ下ボランチの選手です。

フランスでキャリアを開始してリヨンで頭角を現します。リヨンでフリーキッカーの名手と言えば、ジュニーニョ・ペルナンブカーノですが、実は在籍期間が被っていますのフリーキックの蹴り方を伝授されてるかもしれません。同じく無回転キックも蹴りますし!

そこからASローマに移籍しており、15-16シーズンにはセリエAで10得点、12アシストとMVP級の活躍!

そこからユヴェントスに移籍して前シーズンまで同じレジスタ(ボランチ)のポジションにいたアンドレア・ピルロの後継者として在籍4シーズン全てでスクテッド獲得(セリエA優勝)に貢献しました!

さらにそこからFCバルセロナへアルトゥールと実質的なトレードで加入しています。まだブスケッツ、フレンキー・デ・ヨングのレギュラーコンビにポジションを譲っていますが、これからは疲労も考慮されてローテーションで使われることでしょう!

これからフリーキック得点数が伸びるかと言うと…

バルセロナには不動のフリーキッカー、メッシがいるだけに難しいか・・・利き足が逆なだけに蹴るチャンスはあると思いますが

2位:リオネル・メッシ_53得点…

リオネル・メッシはアルゼンチン出身の偽のセンターフォワードウイングトップ下です。

説明不要の選手ですが、若いころはフリーキックを決めているイメージがありません。

若いころはキッカーとしてロナウジーニョがいたこともありますが、キャリアを重ねるごとにどんどんフリーキックでの得点数が増えてきました。

メッシが特筆すべきはフリーキックに象徴されるようにキャリアを重ねるごとにプレースタイルが幅広くなっていることではないでしょうか?フリーキックの質と共に攻撃の組み立てにも参加してアシスト数も増加しています!

この点は後に紹介するクリスティアーノ・ロナウドと大きく異なる点でしょう。

1位:クリスティアーノ・ロナウド_57得点…

クリスティアーノ・ロナウドはポルトガル出身のセンターフォワード、ウイングの選手です。

正直、最近はフリーキックを決めているイメージがないです、ユヴェントスでピャニッチが同じチームにいたということもありますが…

若いころ、マンチェスター・ユナイテッドにいたころはバリバリのウインガーとしてドリブルを仕掛けまくって恐怖でしたが、メッシとは逆に得点を奪うということに特化したプレースタイルに移行しています。

レアル・マドリー時代にどんどん点取り屋になっており、メッシとは逆にプレーの幅が狭まり、点取り屋に特化することでフリーキックでの得点数が減っていくという現在の2大プレーヤーが全く逆の成長曲線を描いているのは面白いですね!

マンチェスターユナイテッドの公式Youtubeにフリーキックを含むゴール集があります。懐かしのスパゲッティヘアの若かりしロナウドがエネルギッシュなプレーをしています。ドリブルで仕掛けるプレーは今と異なるのが良く分かるではないでしょうか。

↓ ↓ ↓

https://www.youtube.com/watch?v=iDWeQGG2ND8

現役フリーキック得点ランキングを見てきましたが、いかがだったでしょうか?

やはりというべきかトップ2はロナウド、メッシの歴史的な点取り屋のふたりでしたが、3位以下はミッドフィルダーにディフェンダーがランクインしており、キックの精度と長いキャリアを持った選手がランクインしてます!(チャルハノールは若いのでまだ伸びそう!)

なかなか若手で食い込むのは難しいですが、ゴール前でファールを取られると絶望感を与えるような新たなフリーキックの名手が出てきてほしいですね!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です